Security 
​Learning
System

警備会社eラーニングシステム
eけいびのご案内

警備業向けeラーニング「eけいび」は
警備業法に定められた教育基準を
クリアしています

 

ポイント

令和2年に改定された警備業法第38条の規定「講義の方法」では、上記のような基準が明記されており、「ただ研修映像を見せるだけ」や「定期的な本人確認ができないもの」はeラーニングとして認められていません。

受講者がそれぞれの勤務地や自宅で受ける際にも人件費は発生しますので、集合研修に近い緊張感と管理体制をつくることがポイントです。

Keyboard and Mouse

eラーニング導入の効果とは?

Marble Surface
ビジネスマン

均一で質の高い教育

eラーニングでは教育担当者の技量にかかわらず、均一で質の高い教育をすべての従業員に提供できることが強みです。

 

Marble Surface
タイピング

いつでもどこでも
​何度でも

「この部分をもう一度確認したい」など、一度閲覧した内容はいつでも繰り返し視聴することが可能です。

eラーニングにすることで従業員様の学ぶ姿勢を応援することができます。 

Marble Surface
数字の分析

様々な経費削減

eラーニングを導入すれば、主に①受講者の交通費 ②会場費 ③教育担当者の人件費 が削減できます。

​具体的にどのくらい削減できるのかを個別に試算することも可能です。

Marble Surface
彼の時計をチェックする男

時間の節約

集合研修に比べ、受講者の移動時間だけでなく、eラーニングでは、「つきっきり」の必要がないため、管理者は他の業務をしながら行えます。

​導入によって多くの時間を生み出すことができ、業務の生産性向上につながります。

 

これらeラーニングの導入効果は、社員教育を行うすべての警備会社に当てはまります。是非この機会ににご検討ください。